Beauty

☆ファンデーションの前のひと手間で透明感溢れる美肌へ☆

こんにちは☆

恵比寿ガーデンプレイス近くのネイル・エクステ・エステのサロン

ルイールです♪

今日はメイク前のひと手間で美しい完璧スキンを演出できる

「コントロールカラー」の使い方や色選びについてご紹介したいと思います☆

コントロールカラーについては様々な雑誌でも取り上げられ、今や主流になっていると思いますが使い方や色展開も豊富な為何色をどの様に使って良いのか分からない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか!?

コントロールカラーの役割は「クマ・くすみ・赤み等のお肌のお悩みを色(補色)によって打ち消す事」です。

上の図でも分かる様に、正反対の性質をもつ色(補色)を使う事によってお肌の色のお悩みを打ち消す事が出来ます。
又、お肌の色味を均一にする事でよりメイクの仕上がりも美しく見え、厚塗りを防ぐ事も出来ます。
しかしニキビやシミといった「点」にはコンシーラーの使用が◎。コントロールカラーはあくまで「面」に対して有効です。

それでは早速色選びについてご紹介致します!!

くすみ・・・パープルorブルー
赤み・・・グリーン
青クマ・・・オレンジ
茶クマ・・・イエロー
血色・・・ピンク


■パープル・ブルー

パープルやブルーはお肌に透明感をだしくすみを飛ばしてくれます。しかし特にブルーは塗りすぎに注意が必要です。
かえって顔色が悪く見えてしまう場合がありますので少量ずつ足していきましょう。
又、ブルーは赤みにも有効なので黄みよりの肌だけれど頬の赤みを抑えたい等の方にもおススメです。(色白の方はNG)
【パープルはこんな方におすすめ】
・色白でくすみのある肌の人
・くすみを抑え透明感を出したい人
・華やかな印象にしたい人
■グリーン
赤みを消すのはグリーンです。頬や小鼻の赤みにポイント使いするのがおススメです。赤ら顔やニキビ跡等に◎
■オレンジ
イエロー・オレンジはクマに有効ですが、イエローでも消えない濃いクマ等にはオレンジを使用すると◎です。
【オレンジはこんな方におすすめ】
・くすみ感がより強い人
・色が黒目で血色がない人
・濃いクマそばかすをカバーしたい人
・年齢からくる黒クマをカバーしたい人
■イエロー
コントロールカラーが初めての方でも使いやすいお色味で、くすみをとばしてくれます合格茶クマにも使えるので目周りに優しくトントンと指先で優しくのせましょう。
又色黒の方にもおススメ。透明感をだし、健康的なオークル系の肌に寄せてくれます。お肌の色がイエローベースの方は補色のパープルのコントロールカラーを使うとより透明感がでますよ!
■ピンク
ピンクのコントロールカラーは青白く血色が悪く見られがちな方におススメです。
又、ピンクのコントロールカラーを使う事により女性らしさを演出する事も出来ますよ♪

■コントロールカラーの正しい使い方
<使用する順番>
スキンケア→日焼け止め→化粧下地→
コントロールカラー→(コンシーラー)→ファンデーション
コントロールカラーと化粧下地が一体化している商品もありますのでその場合はコントロールカラー→ファンデーションでOKです!
<使い方>
使用する量は商品によってことなりますが基本的にパール1粒大をお顔の両頬・額・鼻・顎の5点に置き、スポンジか手で中心から外側に向かって伸ばしていきます。
使いすぎはかえってお肌の顔色を悪くくすんで見えてしまう場合がありますので少量づつ気になる部分に足していきましょう。
場所により色を使い分ける事も可能ですが様々な色を使うと顔の上で混ざり合い、逆効果になる場合もありますので2色までに抑える事をおススメします♪

コントロールカラーでよりお肌に透明感をだし毎日のメイクを楽しくしてみませんか!?

電話 03-5768-5514

平日12:00-21:00

土日・祝日10:00-19:00

定休日:月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です